ライフステージとは

保険見直しにあたって重要なのがライフステージです。ライフステージというのは、人生において重要な意味を持つ、一生のうちの段階のことです。幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期などはもちろん、結婚や出産、子育て、就職、転職、退職、介護、老後などの大きなイベントも含みます。人生の岐路となるそれぞれのステージごとに、たくさんのお金を使ったり、その時に備えて貯蓄をする必要が出てきます。中にはたくさんのお金がかかり、自分で準備するのは難しいこともあります。そのために、それぞれのライフステージごとに保険を見直す必要があるのです。

たとえば、幼年期や児童期には学資保険、働き盛りには医療保険、老後のために個人年金、そして死亡時に家族が困らないように生命保険など、目的に合った種類の保険を契約すれば、メリットは大きく無駄は少なくすることができます。学資保険に強い会社もあれば、がんなどの特定の病気に強い会社もあるため、学資保険が満期になった後そのまま同じ会社の保険に入り直すよりも、別の会社に変えた方が良い場合もあります。

独身のサラリーマンと妻子のいる一家の主では必要な保障も違うので、結婚によって今の保険が合わなくなることもあります。ライフステージごとに見直しをしたり、今後のライフプランを立てた上で保険を選ぶことが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク