保険の見直し方

保険の契約の仕方は、時代と共に変わりつつあります。以前は保険会社の営業が新規顧客を獲得したり、既存の顧客に新しいプランを提案するというスタイルが主流でしたが、現在では営業を行っていない会社もあります。一つの会社にこだわらず、様々な会社を比較して保険を選ぶ人が増えたため、インターネットで各社のプランを比較できるサイトや、ファイナンシャルプランナーが各社の保険から適切なプランをアドバイスしたり、契約の仲介をすることを業務とする会社もあります

通常の保険会社の営業であれば、自社の保険を解約してほしくはないので、継続もしくは別のプランに変更を勧めるのみです。比較サイトや保険アドバイザーであれば、保険会社に囚われることはありません。特にアドバイザーは、現在の状況や人生設計などに合わせて適切なプランを提示してくれる上、ライフステージの変化によって保険見直しをする場合の契約についても頼ることができます。

見直しが必要だと感じた場合、一度現在契約している保険についてしっかりと確認しておきましょう。契約内容によっては解約すると損になってしまうこともあるため、解約して別の保険を新たに契約するよりも、既存の契約は残したまま他の保険を追加した方が良いこともあります。そのような相談にも乗ってもらえるため、無料相談を行っている保険会社を利用することをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | 保険の見直し方 はコメントを受け付けていません。

ライフステージとは

保険見直しにあたって重要なのがライフステージです。ライフステージというのは、人生において重要な意味を持つ、一生のうちの段階のことです。幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期などはもちろん、結婚や出産、子育て、就職、転職、退職、介護、老後などの大きなイベントも含みます。人生の岐路となるそれぞれのステージごとに、たくさんのお金を使ったり、その時に備えて貯蓄をする必要が出てきます。中にはたくさんのお金がかかり、自分で準備するのは難しいこともあります。そのために、それぞれのライフステージごとに保険を見直す必要があるのです。

たとえば、幼年期や児童期には学資保険、働き盛りには医療保険、老後のために個人年金、そして死亡時に家族が困らないように生命保険など、目的に合った種類の保険を契約すれば、メリットは大きく無駄は少なくすることができます。学資保険に強い会社もあれば、がんなどの特定の病気に強い会社もあるため、学資保険が満期になった後そのまま同じ会社の保険に入り直すよりも、別の会社に変えた方が良い場合もあります。

独身のサラリーマンと妻子のいる一家の主では必要な保障も違うので、結婚によって今の保険が合わなくなることもあります。ライフステージごとに見直しをしたり、今後のライフプランを立てた上で保険を選ぶことが重要です。

カテゴリー: 未分類 | ライフステージとは はコメントを受け付けていません。

保険見直しは必須

まとまったお金が必要になった時に備えて、生命保険や医療保険、個人年金など様々な商品を保険会社は販売しています。それぞれの会社が色々なプランの保険を用意しているため、自分に合ったものを選択することができます。子供の頃には親がかけた保険、成人すれば自分でお金を払って契約するというのが一般的ですが、20歳の時に契約した保険が50歳の自分に合っているかといえば、必ずともそうではありません。

自分や社会の状況が変わっている可能性はもちろん、さらに良い保険商品が出てきている可能性もあります。たとえその時点でベストの契約であっても、一生を通して見た時にベストの選択であるかはわかりません。そのため、契約から年数が経ったり、何か大きな出来事が起きた時などには、保険を見直す必要があります。保険見直しは同じ保険会社の別のプランに変更をすることはもちろん、別の保険会社への変更、追加や解約なども含みます。以前は会社や親からの付き合いなどで、大手保険会社と契約する人も多かったのですが、現在では新しい保険会社も多く、保険料が安いネット保険なども登場しています。選択肢が豊富なため、保険を見直すことによるメリットも大きくなっています。

保険を見直すと言っても、今までの保険が無駄になってしまったり、大して変らなかったというのでは意味がありません。保険見直しを失敗しないために、見直しを検討するタイミングやベストな方法などを説明します。

カテゴリー: 未分類 | 保険見直しは必須 はコメントを受け付けていません。